学校概要

   ホーム  >  学校概要 [ 学校長より ]

「備えること、応えること」(7月の三池高校)

福岡県立三池高等学校長 西田 智

 

 三池高校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 7月初旬、台風の接近と記録的豪雨により、相次いで臨時休校が必要となり、保護者の皆様への迅速かつ確実な連絡ができる方法・手段の重要性を改めて認識したところです。

「平成29年7月九州北部豪雨」による被害がいかに甚大であるかが、日に日に明らかになってきております。被災地域の皆様並びに関係の方々に対しまして心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧復興をお祈りいたします。

このような状況下で、被災地域の各学校では当初より幅広く支援に奔走されており関係校では生徒による活動が続けられています。本校職員も週末を利用して被災地域に赴いてボランティア活動に参加しております。併せて、被災地域の状況を確認したうえで本校生徒に情報提供したところ、3年生を含む生徒有志が、猛暑が続くなか週末ごとに、災害ボランティアセンターを通じてのボランティア活動に繰り返し出かけています。

学校創立百周年を掲げて始動した今年度、瞬く間に1学期を終了しました。この終業式に併せて表彰式と全国大会壮行会を催すことが通例となっていますが、今回の表彰はこれまでに増して数多くの生徒が壇上に登り長い時間を要することとなりました。さらに、壮行会においては、インターハイ出場の陸上部1名、及び「みやぎ総文2017」(全国高等学校総合文化祭)に参加する23名が全校生徒から激励を受けました。日本音楽(邦楽部)、美術・工芸(美術部)、書道(書道部)、写真(写真部)、弁論の5部門での全国大会出場は福岡県随一であり、ステージ上下に整然と立ち並ぶ三高生(三池高校生)の姿は実に壮観でありました。

創立百周年を迎えるに応ずるがごとく、各部の生徒が栄冠をいただくに至ったのは、父母教師会や同窓会の方々のご支援や外部指導者の皆様のご協力があればこそだと思います。そして、部顧問のもと、生徒が真の文武両道を実現し持てる才能に磨きをかけることができたからです。さらには、各部や三高生の仲間同士で切磋琢磨し同行相和しているからです。学校百年の歴史で培い受け継がれてきた伝統のもとで三高健児は伸び伸びと活躍を続けています。

7月末の第10学区中学生進路相談事業に続きまして、8月23日水曜、大牟田文化会館にて「三池高校説明会」を開催します。三高生(三池高校生)の魅力、併せて三池高校での学校生活の魅力をお伝えできる機会です。ぜひ御来場ください。

 

☆「三池高校説明会」(8月23日(水)、大牟田文化会館3階研修室)

<第1部>中学校の先生方への説明……………受付15:00~ 開会15:30 

<第2部>中学生及び保護者の方への説明……受付18:30~ 開会19:00

 

 

 

 

 

「蒼穹萬里」(6月の三池高校)

福岡県立三池高等学校長 西田 智

 

 三池高校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 代掻きあとの水田に薄曇りの空が映え、道すがら初夏の心地よさを感じます。

学校創立百周年を記念する第31回大運動会を開催しました。テーマ「蒼穹萬里」のもと、三高生(三池高校生)は縦横無尽に躍動し、まさに三池中学・高校百年の歴史を語るに相応しい大運動会となりました。

6月としては爽やかな天候が続いて、当日も程よい風にスタンドの大幟(おおのぼり)がはためく櫪ヶ丘を舞台として、三高生は堂々と競い合い、鮮やかに演じ切りました。保護者や卒業生、地域の方々をはじめ多数ご来場いただきました皆様方、またこの機に「百周年記念Tシャツ」をご準備いただきました同窓会の皆様方に、心より御礼申し上げます。

加えて、ご紹介しておきたいことは、この創立百周年記念行事に臨んだ生徒諸君の意識の高さと行動の確かさです。前年度末からの企画段階から準備・練習、予行・本番、片付・整理へと、生徒実行委員長を務めてくれた生徒会長を中心に、主体的で先取りを旨としたまとまった動きは、百周年を飾るため新たな伝統を築き上げようとする自負を感じました。そして、この歴史を語る大運動会を颯爽と駆け抜けた若い力は、次の百年に向けて、県南・有明地域の未来を切り拓いていってくれると確信したところです。今も変わらず、まさに三高健児ここにありという雄姿でありました。

大運動会の翌週に、陸上競技の全国大会(インターハイ)出場をかけた北九州地区予選大会が博多の森陸上競技場にて開催されました。本校からは、男女合わせて8名の生徒が参加し、福岡・佐賀・長崎・大分の4県の高校生たちと、力を尽くして熱戦を繰り広げました。この九州ブロックレベルになると各県を代表するアスリートが勢ぞろいで、見事にプログラムされて次々と繰り広げられるトラック競技・フィールド競技に目が釘付けになります。場内アナウンスと電光掲示板での説明も来場者に優しく、競技者への視線と歓声を分かりやすく誘導してくれます。

われらが三高健児のスピードランナーたちは、15年連続の九州大会出場となった三池高校陸上部の伝統を受け継ぎ、堂々とレースに臨んで予選を勝ち抜き、準決勝、決勝へと駒を進めました。最終的に、通算28回目の全国大会出場を決めたのは1名となりましたが、三高陸上部がこの九州大会でもまったく臆することなく、「積極的なレース」を見せてくれたことを何よりも誇らしく思いました。併せて、陸上部員はチームで全力サポート、日頃から熱心にご指導くださっている部顧問の先生やスタッフの皆さんのご尽力は誠に有難く、信頼の輪が益々広がっています。

創立百周年を担って、その責務を見事に果たしつつ、三高健児は豊かに逞しく成長を続けています。

「百周年記念招待野球」(5月の三池高校)

福岡県立三池高等学校長 西田 智
 
 三池高校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 好天が続き薫風も乾いて、水源地の貯水量が気になり始めたところです。

五月晴れのもと緑がまぶしい大牟田延命球場にて、大牟田市制100周年とともに三池中学・高校創立百周年を記念する「招待野球」を開催することができました。今回の記念行事にご賛同いただき全校生徒でご参加くださいました三池工業高等学校の皆様方、大牟田及び近隣地域の方々、そしてご支援いただきました大牟田市100周年記念事業推進室をはじめとする大牟田市関係者の方々に心より感謝申し上げる次第です。

昭和40年に甲子園初出場初優勝(全国制覇)を成し遂げられた三池工業高校野球部を招いての対抗戦、初回から点差がつかない試合展開も、終盤に三池工業打線が威力を発揮、残念ながら本校は2対7で敗れました。両校とも全校生徒が応援参加する「全校応援」は声援と歓声が飛び交って、スタンドとグラウンドが一体となって熱戦を繰り広げてくれました。

特に、三池工業高校の生徒の皆さんが発する熱のこもった応援は素晴らしく、本校生徒(三高生)は多くのことを学ぶことができました。加えて、招待試合にあたって時間をかけてご準備をいただいた様子がよく分かり本当に有難く思いました。

試合後、本校野球部生徒は立ち上がれないくらい打ちひしがれておりました。周年行事の全校応援というこの上ない舞台で周囲の期待に応えられなかった悔しさはこれまで経験したことのないものであったと思います。しかし今後もまた、次の舞台に向けて自分たちの課題を自ら克服して逞しさを増して、さらなる高みに挑戦していってくれるものと期待しています。

この5月後半から6月にかけて運動部にとっては九州大会やインターハイに駒を進めるための大切な大会が続いています。本校でも県大会に臨んだものの残念ながら苦杯をなめることとなった生徒がでてきました。次の目標に向かって気持ちの切り換えに苦労するこの時期に開催するのが大運動会です。今年度は創立百周年記念行事の柱として、6月10日土曜に行います。三高生の一致団結を通じて、押し寄せる苦難や待ち受ける逆境を跳ね返す力を身に付ける機会にして欲しいと思います。

1学期中間考査3日間を終えた週末、土曜講座の午後、本校の演劇部が3年生引退公演を開催しました。少数ながらも気鋭の演劇部員が協力してスピード感とユーモアで歯切れのいい芝居を披露してくれました。難しい時期の催しでしたが集客の心配をよそに友人・仲間や先生方が多数駆けつけて、温かな雰囲気で時が流れる引退公演となりました。

三高健児は日々「櫪ヶ丘」にて、骨太で豊かな人間性に磨きをかけています。

 

 

 

「三池百年」にあたって(4月の三池高校)

福岡県立三池高等学校長 西田 智

 

三池高校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 平成29年度の幕が開きました。始業式翌日の第72回入学式にて新入生を迎え、清明の気が満ちるなか、思いを新たにしたところです。

 おかげさまで、福岡県立三池高等学校は、学校創立百周年を迎えることができました。本校は、大正6(1917)年に福岡県立三池中学校として開校、昭和23(1948)年に現校名となり今日に至っております。「三池百年」を祝しつつ保護者・同窓生のみなさまをはじめ、本校所縁のすべての方に心より御礼申し上げる次第です。
 本校百年の歩みは、同じく市制100周年を迎えられた大牟田市を中心とする県南地域とともにあります。学舎所在の「櫪ヶ丘」(大牟田市大字草木)に数多有為の人材が集まり、県内各地はもとより全国世界で活躍するリーダーを輩出してきました。今も変わることなく、高い志をもって文武両道に邁進する生徒の姿を見ることができ、とても頼もしく感じております。
 本校は、教育方針として確固不変の校訓「進取 至誠 自治」、校是「逞しく時代を拓く人間たれ」のもと、高潔闊達な人格の形成を求めています。併せて、幅の広い学びと多彩な学校行事や部活動等を通じて、豊かな知識・教養と逞しい心身を培うことにより、未知に挑み自らの力で未来を切り拓く若人の育成に努めています。
 さらに、本校に寄せられている信頼と期待にお応えしていくため、創立百周年に合わせて行う記念事業の目的を次のとおり掲げております。
・創立百周年に当たり在校生・保護者・卒業生・地域及び関係者が慶祝を共にする
・学校百年による先輩諸氏の事績を顕彰し、伝統ある学校文化を継承する
・建学の精神、校訓・校歌・校是(教育方針)を銘記する
・我国及び郷土の次代を担う人材育成のために、魅力ある学校づくりを推進する
・県南・有明地域における幅広い連携協力により活力ある地方創生に貢献する
 これからの1年が、地域の活力につながり将来の展望をひらく転機となるよう、また生徒諸君のさらなる飛躍に向けて絶好の機会となるように努めて参ります。そしてこのことを通じて、本校にご縁をいただいているみなさまに喜んでいただける創立百周年記念事業を実現して参ります。
 黄金週間が近づいてきました。例年のことながら、運動部・文化部の部活動生にとっては県大会、九州大会・全国大会へと駒を進めるための大切な競技会・公式戦やコンクールなどに順次臨んでいくことになります。生徒諸君が周到な準備により平常心を保ち、実力発揮により目標を達成して「三池百年」に花を添えてくれるよう念じたいと思います。


 ホーム
福岡県立三池高等学校〒837-0917福岡県大牟田市大字草木245
Tel:0944-53-2172 Fax:0944-52-2572